ゴールデンカムイの感想

ゴールデンカムイ第1巻のあらすじ・感想 アイヌの金塊を探せ!

スポンサーリンク

 

時は明治37年。

アイヌ人を惨殺し、強奪した75kg(8億円相当)の金塊が、北海道のどこかに隠されている―――。

瀕死の重傷を負っても、翌日には走り回る”不死身の杉本”こと杉本佐一と、

父親を、金塊強奪時に殺されたアイヌ人のアシリパ。

『ゴールデンカムイ』は、この2人が目的は違えど、協力して金塊を探すストーリーだ。

私の地元・北海道の小樽が舞台となっているマンガということで、読んでみたが実に面白くはまってしまった!

第1話 不死身の杉本

第1話ということで、主人公・杉本佐一の紹介や物語の概要がメイン。

杉本は日露戦争で鬼神の如き活躍をしたことから”不死身の杉本”と呼ばれている。

戦争から戻った杉本は、一攫千金を果たす為に北海道の山奥で砂金を探していた。

そんな中、酔っぱらいの爺さんから、面白い話を聞く。

  • 一部のアイヌ人が砂金をごっそり貯めこんだ(8億円相当)
  • それを一人の男がブン盗った
  • 警察に追われたその男は、金塊を北海道のどこかへ隠した
  • その後に捕まり、網走監獄へ収監された
  • 外にいる仲間に隠し場所を伝えたいが、看守含め色んなヤツが金塊を狙っている
  • そこで、同房になった死刑囚達に暗号となる入れ墨を掘り、脱獄させた

親友の妻である梅子の治療費(目が不自由)の為に、金が必要な杉本はこの話に興味を持った。

 

あくる日杉本は、森の中で、ヒグマに内臓を食われた酔っぱらいの死体を発見する。

その背中には金塊のありかを示す入れ墨が入っていた。

酔っぱらいを背負って動き出した直後、ヒグマが襲ってきた。

絶体絶命のピンチであったが、アイヌ人のアシリパの独矢によって、九死に一生を得た。

しかし、このヒグマは酔っぱらいを襲ったものとは違った。

人間の味を知ったヒグマは自分が襲った人間に執着する…。

どうしてもお金が必要な杉本はヒグマを返り討ちにして、酔っぱらいの入れ墨を得ようと決心した。

私の感想

第一話だけあって、主人公や物語の説明に終始していた。

物語が動いていくのこれからかな。

思っていたよりグロいシーンが多い。苦手な方は要注意!

第2話 ウェンカムイ

杉本は突如現れた巨大なヒグマに正拳突きを食らわすものの、ビクともしない…。

アシリパの放った毒矢はヒグマにヒットしたが、装甲のように分厚い頭蓋骨にはじかれてしまう。

ヒグマは反射的にアシリパを襲ってきた。謎の狼が現れ、ヒグマに突撃したことで、何とか免れた。

杉本はヒグマが覆いかぶさってくる習性を利用して、銃剣を突き刺し見事撃退することに成功した。

この戦いを通じて、杉本とアシリパはお互いを認め合った。

私の感想

アシリパを守った狼は、こらからのストーリーで重要なキャラクターになりそう!

それにしてもヒグマは怖いよね。

「デカい・速い・強い」の三拍子が揃っている。

私は登山が好きなんだが、ヒグマが怖いので、人気の無い山や時間は躊躇してしまう。

第3話 罠

アイヌ流の罠は、針金で作った「くくり罠」を仕掛け、輪っかに頭を入れて進むと首が絞まるというもの。

それを森中に仕掛けている。

杉本とアシリパは入れ墨が入った脱獄囚を探す街に繰り出した。「銭湯」や「売春宿」に聞き込みを行うも情報は得られず。

しかし、森に帰る途中の2人の後をつける怪しい男がいた。

森に仕掛けた「くくり罠」で生け捕りにすることができた。

私の感想

「リスを捕まえるために仕掛けていた」と説明をしていた罠で、まさか人間(脱獄囚)を捕まえるとは予想外だった!

ストーリーが徐々に動き出しており、ワクワクする展開だ。

第4話 のっぺら坊

生け捕りにした脱獄囚から、

  • 脱獄を仕切っていた囚人は怪物
  • 金塊を盗んだ死刑囚は「のっぺら坊」と呼ばれていた

という情報を入手した。

人間を殺すのを許さないアシリパは、脱獄囚の入れ墨を絵で描いていた。

が、その途中に360m離れた位置から狙撃した男がいた。

その正体は金塊の行方を追っている屯田兵の部隊。”陸軍最強”と呼ばれていた「北海道の第七師団」だった。

私の感想

360m離れたところから狙撃するって只者じゃなさすぎる(笑)。

第5話 北鎮部隊

接近戦となった杉本と第七師団兵。

死にたくなければ、先程の脱獄囚を渡すよう要求された杉本は「金じゃねぇ、惚れた女のためだ」と戦いを開始した。

(やっぱり)お前、親友の嫁が好きやったんかーい!!

案外あっさりと杉本が勝利した。さすが”不死身の杉本”。

  • 「俺が戦争で学んだ死なない方法はひとつ。殺されないことだ。
  • 「殺されるくらいなら躊躇なく殺す。」
  • 「弱い奴は食われる。」

と、名言製造機と化した。

私の感想

罠に引っかかったエゾリスをアイヌ流の「チタタプ(刃物で叩いてひき肉にする)」にして食べるシーンがあった。

エゾリスの脳みそを食べる場面は、グロいのとかわいそうなので、見ていられなかっ

た…。

かわいい野生のエゾリスが見たい方は札幌にある『円山公園』がおすすめ。

春に生まれた子リスの成長を1年中楽しめるよ!

絶対に捕まえたり、食べようとしないように!!

円山公園のシマリス
円山公園~リスや野鳥に会える公園 札幌の街中にも野生動物がいます円山公園に野生のリスがいるのを知っていますか? 札幌駅から車で12分の街中にある公園ですが、野生動物が生活をしています。 春...

第6話 迫害

またもや「くくり罠」に引っかかった脱獄囚がいた。

白石由竹という名で関節を容易に脱臼させられ、「脱獄王」の異名を持つ中々の曲者。

杉本に生け捕りにされたが、楽々と脱獄に成功!

追いかけた杉本と逃げる白石は共に雪庇(せっぴ)に乗ってしまい、-30℃にも関わらず、川に落ちてしまった。

私の感想

雪庇は雪国以外の方はご存知ないだろう。

マンガの中でも「風によって雪がひさし状に成長したもの」と注釈があるが、わかりづらいだろう。

 

簡単に言うと、地面が無い崖の部分に雪が積もっているように見える状態だ。

【参考写真】

第7話 脱獄王

-30℃の外気温の中、川に落ちてしまった杉本と白石。

追う側・追われる側という関係ながら、命の危機を感じ、力を合わせて火をおこすことに。

ギリギリの状態で何とか火おこしに成功して一命を取り留めた。

  • 入れ墨の囚人は全部で24名
  • 脱獄囚の親玉は箱館戦争の敗残兵

という情報をゲット。

しかも、なんと、その敗残兵の正体は”新選組鬼の副長 土方歳三”だった!!

私の感想

なんつー展開!まさかそんなビッグネームまで金塊を狙っているとは!!

早く2巻を読みたいっ!

まとめ

メチャクチャ面白そうな展開になってきたところで、1巻が終了。

「1巻で読むの止める人いるの!?」ってくらい続きが気になる!

間に入っていた「ブラキストン線」の豆知識も面白かった。

北海道と本州の間にある「動物相がガラリと変わる」線だ。だから北海道の動物は本州のより大型らしい!

ゴールデンカムイ面白いなぁ!

スポンサーリンク
ABOUT ME
ttori
札幌在住の31歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!