選手一覧

【Jクラ】2020シーズン最強FWは誰だ?データ分析してみた

 

【Jクラ】2020シーズン最強FWは誰だ?データ分析してみた

Sponsored Links

 

Jクラの2020-2021シーズンカードで最強のFWを検証していきます。

※限定カード・レジェンドカードは除く

 

【Jクラ】攻略記事・歴代イベント・歴代ガチャまとめ 【Jクラ】攻略記事・歴代イベント・歴代ガチャまとめ Jクラ(Jリーグクラブチャンピオンシップ)の攻略記事・歴代イベ...

 

DAZNの1ヶ月無料トライアルしてみよう▼

DAZN

総合力TOP10

総合力のランキングです。

No. 選手名 G 総合力 SPスキル
1 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 A ゴールハンター
B 音速ドリブル
B FWテクニック強化B
2 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 A ミドルレンジスナイプ
B キラーパス
B FWスピード強化B
3 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 A シャープシューター
B 豪快ボレー
B FWテクニック強化B
4 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 A 異次元シュート
B エースストライカー
B FWテクニック強化B
5 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 A インサイドカッター
B コントロールシュート
B FWスピード強化B
6 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 A ゴールハンター
B 無回転シュート
B FWオフェンス強化B
7 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 A ハイコントロールシュート
B 豪快ヘッド
B FWテクニック強化B
8 レオナルド
[浦和]
(バランス)
90 4523 A シャープシューター
B 豪快ボレー
B FWオフェンス強化B
9 エリキ
[横浜M]
(スピード)
89 4424 A 光速ドリブル
B エースストライカー
B FWオフェンス強化B
10 クリスティアーノ
[柏]
(バランス)
89 4416 A ゴールハンター
B ドライブシュート
B FWテクニック強化B

総合力は当然グレード順になっています。

FWに必要な能力を比較していきます。

オフェンスTOP10

No. 選手名 G 総合力 オフェンス
1 ウタカ
[京都]
(バランス)
89 4415 1109
2 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 1105
3 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 1103
4 エリキ
[横浜M]
(スピード)
89 4424 1095
5 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 1091
5 クリスティアーノ
[柏]
(バランス)
89 4416 1091
7 クレーベ
[千葉]
(パワー)
88 4343 1083
8 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 1071
9 イ・ヨンジェ
[岡山]
(スピード)
88 4333 1068
10 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 1066

FWに必須能力オフェンスですが、意外と総合力TOP10とは異なる面々もランクインしています。

1位がG89ウタカってのも意外ですね。

テクニックTOP10

No. 選手名 G 総合力 テクニック
1 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 881
2 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 835
3 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 824
4 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 819
5 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 818
6 ガブリエル
[名古屋]
(テクニック)
88 4343 814
7 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 807
8 大前元紀
[群馬]
(テクニック)
87 4254 806
9 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 805
10 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 803

1位のマルコス・ジュニオールは圧倒的な数値ですね。

全体的に見るとSTじゃなくOMFで使うのもおすすめな能力値です。

そしてグレード87の大前元紀が8位にランクイン!

 




スタミナTOP10

No. 選手名 G 総合力 スタミナ
1 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 851
1 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 851
3 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 845
4 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 815
5 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 814
6 レオナルド
[浦和]
(バランス)
90 4523 802
7 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 790
8 矢野貴章
[栃木]
(スタミナ)
87 4262 775
9 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 762
10 クリスティアーノ
[柏]
(バランス)
89 4416 758
10 イ・ヨンジェ
[岡山]
(スピード)
88 4333 758

800を超えるかどうかで少し違いますね。

グレード89の宇佐美貴史は693しかなく、物足りなさを感じます。

パワーTOP10

No. 選手名 G 総合力 パワー
1 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 944
2 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 885
3 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 872
4 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 858
5 レオナルド
[浦和]
(バランス)
90 4523 857
6 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 851
7 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 823
8 クレーベ
[千葉]
(パワー)
88 4343 808
9 デルガド
[福岡]
(パワー)
87 4256 799
10 クリスティアーノ
[柏]
(バランス)
89 4416 779

1位のディエゴ・オリベイラは唯一の900超え!

エースストライカーとしては、800を超えておきたい能力値ですね。

スピードTOP10

No. 選手名 G 総合力 スピード
1 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 973
2 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 964
3 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 927
4 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 925
5 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 908
6 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 876
7 エリキ
[横浜M]
(スピード)
89 4424 869
8 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 863
9 古橋亨梧
[神戸]
(スピード)
85 4169 832
10 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 812
10 斉藤光毅
[横浜FC]
(スピード)
86 4201 812

横浜マリノスからは3選手もランクイン!

900超えが5人もいます。

FW4種TOP10

今まで紹介した「オフェンス」「テクニック」「パワー」「スピード」の合計値になります。

スタミナは除外。

No. 選手名 G 総合力 4種
1 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 3807
2 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 3768
3 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 3683
4 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 3654
5 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 3584
6 ドウグラス
[神戸]
(スピード)
91 4608 3570
7 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 3553
8 レオナルド
[浦和]
(バランス)
90 4523 3471
9 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 3453
10 ウタカ
[京都]
(バランス)
89 4415 3432

基本的にはグレード順になっています。

3,500以上あれば相当強いですね。

 




私的最強FWを発表

ここまでのデータを踏まえて、私的最強FWを発表します。

最強のCF

No. 選手名 G 総合力 SPスキル
1 ディエゴ・オリベイラ
[FC東京]
(バランス)
95 4937 A ゴールハンター
B 音速ドリブル
B FWテクニック強化B
2 オルンガ
[柏]
(スピード)
93 4766 A 異次元シュート
B エースストライカー
B FWテクニック強化B
3 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 A シャープシューター
B 豪快ボレー
B FWテクニック強化B

1位はディエゴ・オリベイラです。

グレード95と最も高く、主要な能力値でも全て上位にランクイン。

スペシャルスキルも「ゴールハンター」+「音速ドリブル」と悪くない組み合わせです。

 

2位のオルンガもほとんどの項目で上位に入っていました。

異次元シュート持ちなのも魅力的!

 

3位の小林悠は日本人最強ですので、Jリーグのために欲しい1枚。

豪快ボレーなのはややマイナスか。

最強のST

No. 選手名 G 総合力 SPスキル
1 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 A ミドルレンジスナイプ
B キラーパス
B FWスピード強化B
2 興梠慎三
[浦和]
(バランス)
91 4603 A ハイコントロールシュート
B 豪快ヘッド
B FWテクニック強化B
3 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 A アーチドライブ
B 音速ドリブル
B FWオフェンス強化B

1位は圧倒的にマルコス・ジュニオールですね。

「ミドルレンジスナイプ」+「キラーパス」はSTだけじゃなく、OMFとしても使いやすい。

CF適正が無いので、OMFで使うとフォーメーションの幅が広がります。

 

2位の興梠慎三は「ハイコントロールシュート」+「豪快ヘッド」なので、CFとしてもかなり強い!

 

3位の宇佐美貴史は「アーチドライブ」+「音速ドリブル」なので、ST・CF・LWGとどこでも輝きます。

最強のLWG

No. 選手名 G 総合力 SPスキル
1 マルコス・ジュニール
[横浜M]
(スピード)
94 4850 A ミドルレンジスナイプ
B キラーパス
B FWスピード強化B
2 宇佐美貴史
[G大阪]
(テクニック)
89 4408 A アーチドライブ
B 音速ドリブル
B FWオフェンス強化B
3 古橋亨梧
[神戸]
(スピード)
85 4169 A ゴールハンター
B カットインドリブル
B FWスピード強化B

1位はSTに続き、マルコス・ジュニオールです。

本来はSTやOMFで使いたいところですが、LWGは不作なので1位にランクイン。

 

2位はこちらもSTに登場した宇佐美貴史です。

スペシャルスキル的にLWGでも活躍することでしょう。

 

3位は古橋亨梧です。

グレード85と能力値は物足りないですが、「ゴールハンター」+「カットインドリブル」とWGとして使いやすい組み合わせ。

最強のRWG

No. 選手名 G 総合力 SPスキル
1 仲川輝人
[横浜M]
(スピード)
92 4690 A インサイドカッター
B コントロールシュート
B FWスピード強化B845
2 エリキ
[横浜M]
(スピード)
89 4424 A 光速ドリブル
B エースストライカー
B FWオフェンス強化B
3 小林悠
[川崎]
(バランス)
93 4768 A シャープシューター
B 豪快ボレー
B FWテクニック強化B

1位は仲川輝人です。

G92で「インサイドカッター」+「コントロールシュート」なので、RWGとしては”圧倒的No.1”でしょう。

 

2位はエリキです。

「光速ドリブル」+「エースストライカー」なので、しっかり活躍してくれるはず。

 

3位はCFでもランクインした小林悠です。

RWGだと豪快ボレーが死んでしまいますが、能力値が高いことに加え人材難により選出されました。

 




まとめ

最強FWを選出してみました。

WGが左右ともに当たり選手が少ないので、WG不要なフォーメーションの方が強いチームを作りやすいと思います。

何かご意見があればコメントかTwitterまでお気軽にお願いします!

 

【Jクラ】攻略記事・歴代イベント・歴代ガチャまとめ 【Jクラ】攻略記事・歴代イベント・歴代ガチャまとめ Jクラ(Jリーグクラブチャンピオンシップ)の攻略記事・歴代イベ...

 

▼楽天totoはコチラから▼

 

Sponsored Links

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA