なつぞら

山田天陽(なつぞら)のモデルとなった神田日勝の美術館に行ってきた!【吉沢亮】

Sponsored Links

 

『なつぞら』の山田天陽くんの人気は凄まじいよね!

  • 優しい
  • 家族思い
  • 絵が上手

と、魅力溢れるキャラクターだが、なんと言っても吉沢亮がかっこ良すぎる!!

久々にここまでのイケメン見たわ~。

そんな山田天陽に実在モデルがいるのはご存知?

“神田日勝氏”がモデルになっている。北海道鹿追町にある「神田日勝記念美術館」では、氏の作品が展示されており、迫力満点。

なつぞら公式グッズも販売していたよ。

今回は「神田日勝記念美術館」について紹介しよう!

 

Sponsored Links




山田天陽役・吉沢亮のプロフィール

名前 吉沢亮
生年月日 1994年2月1日(25歳) みずがめ座
所属 アミューズ
出身地 東京
血液型 B型
身長 171cm
趣味 ギターの練習
特技 剣道・ダンス・ジャグリング・剣道(二段)
性格 人見知り
公式Twitter Twitter

2009年に母親が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で31,514名の中から”Right-on賞”を受賞。

(ちなみにグランプリは野村周平)

神田日勝記念美術館の基本情報・アクセス

神田日勝記念美術館の外観
施設名 神田日勝記念美術館
住所 北海道河東郡鹿追町東町3丁目2
電話番号 0156-66-1555
営業時間 10:00~17:00 ※入館受付は16:30まで
休館日 ■月曜日(祝日の場合は開館)
■祝日の翌日(土日の場合は開館)
■年末年始(12/30~1/5)
入館料 ■ 一般:520円(460円)
■高校生:310円(260円)
■小中生:210円(150円)
※10名以上の団体は()内料金
※JAF会員等も団体料金扱い
福原記念美術館との共通入館券 ■ 一般:600円
■高校生:300円
■小中生:200円
駐車場 あり(道の駅と共通)
アクセス 札幌駅から車で約3時間/帯広駅から車で約40分
地図 Googleマップはコチラ
公式サイト 公式サイトはコチラ

Sponsored Links




神田日勝記念美術館の展示品

美術館内は写真撮影禁止!

「馬」や「風景画」を中心に、1F・2F合わせて32枚の絵が展示されている。

神田日勝氏は32歳の若さで亡くなっており、未完成の絵も何枚かあった…。

特に「馬(絶筆・未完)」はベニヤ板に半身だけが描かれているのが、急逝してしまった物悲しさを感じさせる。

普段美術館に行かない私だが、本物の絵の迫力に感動を覚えた。

作品以外にも、「神田日勝氏のアトリエ」を再現しているコーナーや、「家族や友人・愛馬と映っている写真」も展示されていた。

 

入口横には、なつぞらの公式グッズを販売しているコーナーもあった。

なつぞらファンにはおすすめのスポットだ。

神田日勝の歴史

なつぞらでは、どこまで語られるかはわからないが、ネタバレになる可能性もあるので、要注意。

  • 1937年(0歳):東京の練馬で生まれる(姉2人と兄1人いる)
  • 1942年(5歳):妹が生まれる
  • 1945年(8歳):一家は戦災者集団帰農計画に基づく拓北農兵隊に加わって、北海道へ移住
  • 1953年(16歳):鹿追中学校卒業。「農家が好き」と周囲に語り、営農を継ぐ
  • 1956年(19歳):「痩馬」制作。帯広市内の平原社展に初出品し、奨励賞となる
  • 1957年(20歳):「馬」制作。平原社展に出品し、平原社賞となる
  • 1960年(23歳):札幌での第15回全道展に「家」を出品し、初入選
  • 1961年(24歳):第16回全道展に「ゴミ箱」を出品し、道知事賞となる
  • 1962年(25歳):高野ミサ子と結婚。第17回全道展に「人」を出品し、入選
  • 1964年(27歳):長男誕生
  • 1965年(28歳):第4回独立選抜展に「飯場の風景」を出品。第33回独立展に「馬」と「死馬」の2点入選、新人室陳列となる
  • 1967年(30歳):「画室」連作期に入り、色彩が鮮やかになる。NHK札幌放送局よりTV番組「鍬と絵筆」で生活紹介、この時「農民画家」と呼ばれることを不服とする
  • 1968年(31歳):長女誕生。
  • 1969年(32歳):「神田日勝個展」大作16点ほかを自選して陳列。NHK・TV帯広局「若者の素顔」のため、背景とイラスト12点を描く
  • 1970年(32歳8か月):6月下旬、雷雨の中で牧草積みをして風邪を引き込む。7月、全道展帯広巡回展覧会場設営作業中に発熱。8月、体調不良が続き入院。腎孟炎による敗血症と診断。8月25日、永眠
  • 1971年:第1回全道展会員展に「死馬」など3点が遺作特陳
  • 1978年:北海道立近代美術館の企画による「神田日勝の世界」展
  • 1993年:鹿追町に「神田日勝記念館」がオープン

 

Sponsored Links




まとめ

「神田日勝記念美術館」は、なつぞらファンには是非訪れてほしいスポットだ。

山田天陽(吉沢亮)が好きな方には特におすすめ!

今以上に天陽に思い入れが出て、ドラマを見るのが楽しくなること間違いナシ。

 

なつぞらファンとしては”聖地巡礼”したくなるよね?

早速私は何軒かまわってきたよ!

結果として、更になつぞらが好きになった。

皆さんも行ってみて~。

なつぞら聖地巡礼に行ってきた!ロケ地・関連スポット紹介【詳細レポートあり】 朝ドラの記念すべき100作目『なつぞら』。 広瀬すずが主演を務めており、戦後の北海道・十勝地方が舞台になっている。 ...

 

なつぞらの舞台・十勝地方は、旅行にも最適!

  • グルメ
  • スイーツ
  • 景色

と3拍子揃った私の大好きな街。

私のおすすめスポットをまとめたよ!

大津海岸のジュエリーアイス
帯広・十勝旅行 私のおすすめグルメ・スイーツ・観光スポット13選 十勝地方は酪農大国として有名である。 チーズなど乳製品を使ったスイーツも豊富で、北海道外の方にも有名な『六花亭』や『柳月』...

Sponsored Links
ABOUT ME
ットリ
ットリ
札幌在住の32歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA