観光スポット

ジュエリーアイス~北海道豊頃町でしか見れない”氷の宝石”【絶景】

大津海岸のジュエリーアイス
Sponsored Links

 

豊頃町・大津海岸の”ジュエリーアイス”をご存じだろうか?

以前から写真好きの間では有名であったが、SNSで拡散されたことにより、一躍有名になった。

私が行った2019年2月17日(日)には、日の出の時間帯(6時頃)で100~200人もいた!

帯広からは約1時間。

朝5時に出発する価値は十分あった。

2018年12月には「豊頃町が”ジュエリーアイス”の商標登録を取得」したことが話題になった。
新聞記事はコチラ

そんな、今話題の”ジュエリーアイス”について今回は紹介しよう!

■冬の十勝を代表する絶景スポット

■朝日の時間帯がおすすめ!

■平均気温”-15℃”の極寒!(防寒対策は万全に)

 

Sponsored Links




ジュエリーアイスって何?

ジュエリーアイスとは、大津海岸に打ち上げられた氷の塊が太陽の光を受け、美しく輝く自然現象のことである。

流氷と似ているが、その違いは以下のとおり。

「ジュエリーアイスは”氷の塊”であり、色は”透明”」

「流氷は”氷の層”であり、色は”白”」

ジュエリーアイスは波にもまれる内に透き通ったクリスタルの氷になる。その姿は正に”絶景”と呼ぶにふさわしい。

 

ジュエリーアイスの見頃は「1月中旬~2月下旬」である。

1か月半しか見れない、はかなさも魅力的だ。

ジュエリーアイスの写真

私が実際に撮影した写真をお見せしよう。

大津海岸のジュエリーアイス

(撮影日:19.2.17)

ジュエリーアイスの美しさと朝日のきれいさが、お互いを引き立てあっている。

これを見れただけでも、早起きした甲斐があった。

感動すること間違いナシ!

 

大津海岸のジュエリーアイス

(撮影日:19.2.17)

こちらも朝日の写真だ。

先程と違う氷である。海岸にはたくさんのジュエリーアイスがあるので、透明度が高く、好きな形のものを選んで撮影しよう!

 

大津海岸のジュエリーアイス

(撮影日:19.2.17)

すっかり日が上がってからの一枚。

縦長の氷が太陽を支えているように見える。

朝日の方がきれいだが、日中帯のジュエリーアイスも悪くない。

(撮影日:19.2.17)

海岸で小鳥を発見した。

きれいなジュエリーアイスと一緒に撮影したかったが、タイミングが合わなかった。

残念。

 

Sponsored Links




ジュエリーアイスへのアクセス

スポット名 ジュエリーアイス
住所 北海道中川郡豊頃町大津元町
駐車場 あり
アクセス ・帯広駅から車で約1時間
・札幌駅から車で約3時間半

Googleマップはこちら。

Googleマップアプリで見る

朝日を狙おう!

繰り返しになるが、朝日の時間に行くことをおすすめする。

2019年の日の出時間

日付 日の出時刻 最低気温
1月10日 6:55 -8℃
1月11日 6:55 -8℃
1月12日 6:55 -12℃
1月13日 6:54 -14℃
1月14日 6:54 -18℃
1月15日 6:53 -14℃
1月16日 6:53 -5℃
1月17日 6:52 -13℃
1月18日 6:52  -13℃
1月19日 6:51 -10℃
1月20日 6:51 -12℃
1月21日 6:50 -16℃
1月22日 6:49 -18℃
1月23日 6:49 -15℃
1月24日 6:48 -13℃
1月25日 6:47 -10℃
1月26日 6:46 -10℃
1月27日 6:45 -15℃
1月28日 6:44 -16℃
1月29日 6:43 -10℃
1月30日 6:42 -14℃
1月31日 6:41 -14℃
2月1日 6:40 -17℃
2月2日 6:39 -14℃
2月3日 6:38 -17℃
2月4日 6:37 -7℃
2月5日 6:36 -11℃
2月6日 6:35 -8℃
2月7日 6:34 -11℃
2月8日 6:32 -22℃
2月9日 6:31 -24℃
2月10日 6:30 -20℃
2月11日 6:29 -20℃
2月12日 6:27 -16℃
2月13日 6:26 -20℃
2月14日 6:25 -15℃
2月15日 6:23 -16℃
2月16日 6:22 -6℃
2月17日 6:20 -7℃
2月18日 6:19 -7℃
2月19日 6:17 -3℃
2月20日 6:16 -4℃
2月21日 6:14 -5℃
2月22日 6:13 -5℃
2月23日 6:11 -9℃
2月24日 6:10 -2℃
2月25日 6:08 -6℃
2月26日 6:07 -8℃
2月27日 6:05 -11℃
2月28日 6:04 -8℃

※2月18日以降は予想

最低気温を見ていただけるとわかるとおり、当然のように-10℃を下回る。

海岸なので、風が強く、体感温度は更に低い。

温かい服装は当然ながら、ホットドリンクやカイロなどの準備を欠かしてはいけない。

 

Sponsored Links




なぜ、豊頃町が商標登録を取ったの?

冒頭にも書いたが、”ジュエリーアイス”は豊頃町が商標登録を取得した。

実は2017年4月に商標登録を出願したが、一度「拒絶」されている。

その理由は、「既に十勝管内のお菓子メーカー3社が出願している」ことであった。

商標権も特許と同じく「先願主義(先に出願した方が採用される)」である。

しかし、「以前から観光PRで積極的に使用し、先願権もある」という意見書を特許庁に提出し、今年10月に登録査定を受けた。

仮に、「十勝管内のお菓子メーカーA」が商標登録を取ってしまうと、A社が“独占的”にジュエリーアイスという商標を使うことができる。

しかも、特許と違って商標権は無期限に更新ができる。(特許は出願から20年)

 

今年開催のサッカーW杯で有名になった「大迫ハンパないって」が2014年に商標権が取得されていた、と話題になったのを覚えている方もいるだろう。

ブームになった「大迫ハンパないって」も、権利の関係で自由に使うことができない。

豊頃町はそのリスクを避けるために商標権を取得した。

「自由に使って良い」と言っているので、今後ますますジュエリーアイスが広まる可能性は高い。

 

十勝は『六花亭』や『柳月』などのメーカー本店がある”お菓子大国”。

どこも”ジュエリーアイス”を使いたかったのだろうが、結果的に豊頃町が商標登録を取得したことで、使用できる幅が広がった。

まとめ

ジュエリーアイスはメチャクチャきれいなので、一見の価値アリ。

死ぬまでに一度は見るべき”絶景”の一つだ。

自然現象なので、いつ見れなくなるかわからない。(逆に言えば、他の海岸でも見れる可能性もある。)

デートにもおすすめなので、皆さんにもぜひ行ってみてほしい!

 

帯広(十勝)には、他にもおすすめスポットがたくさんある。

  • グルメ
  • スイーツ
  • 景色

と3拍子揃ったおすすめの街で、旅行にはもってこい。

私のおすすめをまとめたよ!

大津海岸のジュエリーアイス
帯広・十勝旅行 私のおすすめグルメ・スイーツ・観光スポット12選 十勝地方は酪農大国として有名である。 チーズなど乳製品を使ったスイーツも豊富で、北海道外の方にも有名な『六花亭』や『柳月』...

Sponsored Links
ABOUT ME
ttori
札幌在住の31歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!