観光スポット

白いリスを帯広畜産大学で発見!めっちゃかわいい!希少なアルビノ

Sponsored Links

 

北海道の公園には、野生動物がたくさんいる。

私もたまに札幌の円山公園へ、シマリスやエゾリスを撮影しに行く。

写真好きにとって、十勝地方は”野生動物のメッカ”として有名である。

先日の旅行の際に、帯広畜産大学でエゾリスを見た。

しかも、ただのエゾリスでは無い。

“白いリス”だ!

めちゃくちゃかわいかったので、皆さんに紹介しよう!

 

※野生動物を見る際はマナーを厳守!

  • 大きな音を出さない
  • 過剰に追いかけない
  • エサを与えない

最低でもこれは守りましょう。

 

Sponsored Links




アルビノだから”白い”

ナゼ白いのか?を調べてみると、”アルビノ”だということがわかった。

【アルビノとは】

■先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患

■体毛・皮膚・虹彩(目)などの色素欠乏をきたす

■視力が弱く、光を非常にまぶしく感じる

■皮膚で紫外線が遮断できず、耐性が極めて低い

※人以外にもウサギ・ネズミ・リス・クジラなどにもアルビノがいる

白いリスが誕生する確率は”100万分の1″らしい。

かなりレアだね。

それだけに、帯広畜産大学には一目見たいカメラマンが押し寄せており、マナーが悪い人もいると指摘を受けている。

くれぐれも注意していただきたい。

白いリスの写真

(2019年2月撮影)

改めて写真見ると、やっぱかわいいねぇ!

天気が良く、青い空に”白いリス”がよく映えてくれた。

口にくわえているのは枯葉。

フカフカな寝床を作るために巣材を集めている。

体毛が白いだけでなく、目が赤いのもアルビノの特徴である。

エゾリスの寿命は約2~3年と言われている。

帯広畜産大学では、2017年9月頃から白いリスがいると話題になったことを考えると、見れる日は、そう長くないだろう。

 


白いリスがいる帯広畜産大学へのアクセス

施設名 帯広畜産大学
住所 北海道帯広市稲田町西2線11番地
アクセス 帯広駅から車で約15分/札幌駅から車で約2時間45分
地図 Googleマップはこちら

この緑の看板が目印だ。

看板のとおり右に曲がって少し歩くと、白いリスがいる。

大学構内なので、学生さんや職員さんにも迷惑をかけないように、慎重な行動を心がけよう。

まとめ

今回は帯広畜産大学にいる”白いリス”について紹介した。

100万分の1の確率で生まれる、メチャクチャ貴重な存在である。

エゾリスの寿命は2~3年と短いので、実際に見たい方は早めに行った方が良い。

帯広には『六花亭』や『クランベリー』などのスイーツ店や、豚丼屋『とん田』などグルメスポットも数多くあるので、北海道旅行としてもかなりおすすめ。

気になった方は、すぐに帯広へGO!

 

帯広(十勝)には、他にもおすすめスポットがたくさんある。

  • グルメ
  • スイーツ
  • 景色

と3拍子揃ったおすすめの街で、旅行にはもってこい。

私のおすすめをまとめたよ!

大津海岸のジュエリーアイス
帯広・十勝旅行 私のおすすめグルメ・スイーツ・観光スポット13選 十勝地方は酪農大国として有名である。 チーズなど乳製品を使ったスイーツも豊富で、北海道外の方にも有名な『六花亭』や『柳月』...

Sponsored Links
ABOUT ME
ttori
札幌在住の31歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA