北海道の芸能人

北口榛花(旭川) 東京五輪メダル候補!やり投げ日本記録保持者!

北口榛花選手の公式Twitter
Sponsored Links

 

やり投げの北口榛花(きたぐちはるか)選手が日本記録である”64m36cm”をマークした。

それまでの日本記録は海老原有希選手の”63m80cm”だったので、なんと56cmも大幅に更新したことになる。

東京オリンピックの参加標準記録である”64m”を上回ったことにより、出場権を獲得した。

【陸上競技の東京オリンピック出場条件】

  1. 世界ランキングで上位に入る(今後導入予定)
  2. 資格期間内(2019年5月1日~2020年6月29日)に標準記録を突破する

女子やり投げの標準記録が”64m00cm”

北口榛花選手は北海道旭川市の出身。

私としても全力で応援するので、今回は北口榛花選手のプロフィールや経歴、メダル獲得の可能性についてまとめていく。

 

Sponsored Links




北口榛花選手のプロフィール

名前 北口榛花
生年月日 1998年3月16日(21歳) うお座
所属 日本大学
出身地 北海道旭川市
身長 179cm
体重 86kg
専門種目 やり投げ・砲丸投げ
公式Twitter Twitter
公式インスタ Instagram

北口榛花選手の経歴

北口選手は小中学生の頃は競泳とバドミントンをしていた。

バドミントンでは小学生の頃、団体で全国優勝をした経歴も持っている。

旭川東高校に進学した当初は競泳部に入部しようとしたが、陸上部の顧問が恵まれた体格を見てスカウト。競泳と陸上を兼部した。

入部2ヶ月で出場した北海道大会で優勝したことをきっかけに、陸上部に専念することとなる。

高校2年生でインターハイ優勝、3年生で世界ユースで優勝をし、日本陸上競技連盟による若手有望選手育成プログラム「ダイヤモンドアスリート」にも選出された。

その後、日本大学に進学するも、故障や恩師の退任によりスランプに陥った。

2018年に転機が訪れる。

やり投げの強豪国・チェコのコーチに出会い、単身チェコに渡り始動を受けたことで、助走の歩数・フォームなどの技術が飛躍的に向上した。

その結果、2019年に日本記録を更新することとなった。

旭川東高校の陸上部顧問はすごいね!

その方が声をかけていなかったら、今の北口選手はいなかった。(競泳の日本代表になってたかもしれないけどね)

 

Sponsored Links




女子やり投げ世界記録

  1. 72m28:バルボラ・シュポタコバ(チェコ) 2008年
  2. 71m70:オスレイディス・メネンデス(キューバ) 2005年
  3. 71m53:マリア・アバクモワ(ロシア) 2013年
  4. 70m20:クリスティーナ・オーバークフォル(ドイツ) 2007年
  5. 69m48:トリネ・ハッテスタート(ノルウェー) 2000年
  6. 69m35:サネット・ビルジョエン(南アフリカ) 2012年
  7. 68m92:キャサリン・ミッチェル(オーストラリア) 2018年
  8. 68m43:サラ・コラク(クロアチア) 2017年
  9. 68m34:シュテフィ・ネリウス(ドイツ) 2008年
  10. 67m90:クリスティン・フッソング(ドイツ) 2018年

世界の壁は厚いなー!!(北口選手は”64m36″)

ちなみにアジア記録は中国の吕会会選手が2019年に記録した”67m72″。

上には上がいるけど、まだ1年ある。

北口選手の更なる成長に期待しよう!(頑張ってほしい!!)

まとめ

日本新記録を塗り替えたとは言え、陸上競技における世界の壁はやっぱり厚いんだね。

室伏広治選手は異次元すぎる。

でも北口選手は伸び盛りの21歳なので、まだまだ記録を伸ばしていくことであろう。

いよいよ1年後に迫った東京オリンピック。

北口選手を始め、日本選手の大活躍が今から楽しみである。

Sponsored Links
ABOUT ME
ットリ
ットリ
札幌在住の32歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA