グルメ

フルーツパークにきでカレービュッフェ開催中!ブルーベリー料理多数あり!

ベリーベリーカフェのランチビュッフェ
Sponsored Links

 

北海道内でも有数の”フルーツ王国”である仁木町。

フルーツパークにきでは「手ぶらでバーベキュー」や「ジャンボすべり台」、「ドッグラン」など子供連れの方にはかなりおすすめのスポットだ。

当然、”地元農産物の直売”もやっており、採れたてのフレッシュな果物や野菜を購入できる。

園内にある「ベリベリーカフェ」ではカレーをメインとした”ランチビュッフェ”が開催されていた。

地元の”旬”な食材を多く使っており「仁木トマトカレー」「仁木・余市産ストレートジュース」など、正統派なメニューが数多くあった。

中には、

  • アイコの旨キムチ
  • ブルーベリーの炊き込みご飯

など、ヤバメのメニューもある。

※ブルーベリーの炊き込みご飯は、2019年8月17日(土)にHTBの「イチモニ!」で放送された期間限定メニュー(大野由李絵さん考案メニュー)

今回は「ベリベリーカフェのランチビュッフェ」について紹介しよう!

■仁木の地元食材を堪能しよう!

■アイコの旨キムチはおいしくなかったw

■妻と2人でランチ訪問した際のお会計は”3,000円”!

 

Sponsored Links




ベリーベリーカフェ「ランチビュッフェ」の概要

ベリベリーカフェのランチビュッフェの概要 ベリーベリーカフェのランチビュッフェの料金
品目 カレー・惣菜・サラダ・ジェラート・スイーツ
営業時間 ■平日:11:00~16:00
■土日祝:10:30~16:00
定休日 なし
料金 ■大人(13歳以上):1,500円
■7~12歳:700円
■4~6歳:500円
■3歳以下:無料

 

ビュッフェの料理を写真付きで紹介!

季節やその日によってメニューは変わる。

私が訪問した2019年8月18日の料理内容を紹介する。

【カレー】

  • チキンと野菜カレー(甘口)
  • チキンとココナッツのスパイスカレー(辛口)
  • 仁木トマトカレー

 

【サラダ系】

  • サニーレタス
  • 水菜
  • ピクルス
  • きゅうりのツナソース和え
  • 本しめじと大根のサラダ
  • キャベツのアンチョビソース
  • アイコの旨キムチ

 

【肉系】

  • カットステーキ
  • 牛肉のトマト煮込み
  • からあげ

 

【一品料理】

  • 玉ねぎの丸ごと煮
  • スパニッシュオムレツ
  • ミートポテトのパイ包み
  • 野菜のマリネ
  • かぼちゃのグラタン

 

【パン・スープ】

  • ブルーベリーパン ※イチモニで紹介されたメニュー
  • 冷製黄色いトマトスープ
  • コンソメスープ
  • ポトフ

 

【ブルーベリーの炊き込みご飯】

  • ブルーベリーの炊き込みご飯

※イチモニの大野由李絵さん考案メニューで8/17(土)・8/18(日)限定なので、もう食べれない

※大野由李絵さんは管理栄養士の資格を持っている!

 

【フルーツ・スイーツ】

  • バッファロー
  • ゼリー
  • あべさんの手づくりパンナコッタ
  • 手づくりプリン
  • ブルーベリータルト ※イチモニで紹介されたメニュー
  • ケーキ類

 

【ジェラート】

  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • ミルク
  • シーベリー
  • ハスカップ

 

【ドリンク】

  • デトックスウォーター
  • 自社製トマトジュース
  • 自社製100%ストレートりんごジュース
  • コーヒー
  • カプチーノ
  • カフェラテ
  • ミルクココア
  • ロイヤルミルクティー

 

Sponsored Links




ランチビュッフェの実食レビュー!

ベリーベリーカフェのランチビュッフェ

ビュッフェなので、色々な種類を少しずつ食べてみた。

 

チキンと野菜カレー(甘口)

ココナッツの味が強すぎて、個人的にはカレー3種の中でダントツ最下位の評価。

スイーツやドリンクなら良いけど、カレーのココナッツは好きじゃないんだということに気付かせてくれた。

ちなみに私の妻は3種でこれが1番おいしかったとのこと。

人の好みは様々だ。

 

チキンとココナッツのスパイスカレー(辛口)

見た目は甘口カレーとそんなに変わらない。

が、結構辛い!

甘口と違って、ココナッツの味が弱く、私的にはコッチの方が好きだった!

 

仁木トマトカレー

トマトの甘味と酸味を両方感じられるカレー!

カレー3種では私的No.1だった。

仁木トマトカレー>チキンとココナッツのスパイスカレー>>>>>チキンと野菜カレー

って感じ。

ただ、全般的にカレーより惣菜やスイーツ系の方がおいしかった!!

 

ブルーベリーパン

中にブルーベリーがギッシリと詰まっていた。

うまいブルーベリー+パンはうまいに決まってるよね!

近所にあったら、普段から買いに行くレベルにはおいしかった。

 

ブルーベリーの炊き込みご飯

イチモニの大野由李絵さんの特製レシピメニュー。

「なんじゃこの色は!!」という感じだが、食べたらブルーベリーの味や風味はあまり感じられなかった。

ブルーベリー味が強かったら、残していたことだろう(笑)。

 

スイーツ系

ブルーベリータルトは「さすが仁木!」っていう感じでうまい。

スイーツは全体的においしかったけど、”バッファロー”(ぶどう)が圧倒的No.1だった!

3回くらいおかわりをした。

 

その他メニュー

  • ステーキ:1,500円のブッフェにあるレベルを遥かに超えるおいしさ!
  • 牛肉のトマト煮込み:歯が無くても食べれるレベルで柔らかかった!
  • 冷製黄色いトマトスープ:見た目はコンポタージュ風だけど、しっかりとトマトの味を感じられる
  • アイコの旨キムチ:”アイコの甘さ”と”キムチの辛さ”が大喧嘩しており、まずかったw
  • 玉ねぎの丸ごと煮:玉ねぎはスイーツ!甘み半端なくておいしかった!
  • デトックスウォーター:ほんのりと酢の味もして、身体に良さそうなドリンク!

 

総括すると「これで1,500円は超お得♪」

仁木町に行った場合には、おすすめのお店だ!

 

他の方の口コミ

秋にはきのこカレーがあるんだね!

 

ロングすべり台もフルーツパークにきの魅力!

 

Sponsored Links




ベリーベリーカフェへのアクセス

店名 フルーツパーク ベリーベリーカフェ
住所 北海道余市郡仁木町東町16-121
電話番号 0135-32-3500
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
駐車場 あり
アクセス 札幌駅から車で約1時間
余市駅から車で約10分
地図 Googleマップはこちら

フルーツパークにきの施設を写真付きで紹介!

訪問したのがイチモニで紹介後の週末だったからもしれないが、混んでいて入店まで40分ほど待った。

順番待ちリストに名前を書いて、店員さんにベルをもらおう。

ブザーが鳴るまで、フルーツパーク内を散策したので、写真付きで紹介しよう。

 

【遊具】

子連れの方におすすめ!

遊んでいる家族が何組もいた。

 

【ドッグラン】

利用料金は300円。

超かわいいトイプードルが遊び回っていた!

 

【BBQ・ゲル】

フルーツパークにきではデイキャンプや日帰りBBQができる。

ゲルなんて初めて見た!!

 

【農作物の直売】

ブルーベリーやアイコなどが直売されていた。

ベリーベリーカフェ内でも農作物の販売をしていたが、直売の方が安かった!

Sponsored Links




まとめ

仁木町や余市に行った際にはおすすめのランチだ!

余市は高速道路が伸びてきたこともあり、人気の飲食店は以前より混み合っている。(柿崎商店とか特に!)

ベリーベリーカフェも人気なので、すぐに入れないかもしれないが、施設が広いので時間を持て余すことがない。

特に子供連れのファミリーが楽しめる設備が多いので、是非行ってみて!

 

琴似駅エリアにはおすすめの飲食店がたくさんある。

“第二のすすきの”と言う異名を持つ街・琴似

私のおすすめのお店を全て紹介しよう!

琴似駅おすすめランチ&グルメ15選!詳細レポートもあるよ! "第二のすすきの"琴似―――。 その名のとおり、飲食店がメチャクチャ多い。 食べログで「琴似駅(札幌市営)800m」...

 


Sponsored Links
ABOUT ME
ットリ
ットリ
札幌在住の32歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA