タカトシランドの感想

タカトシランド 中の島周辺を散策!2019年2月8日分の感想

Sponsored Links

 

今日のタカトシランドは札幌市豊平区中の島エリアです。

オープニングでみよしのが映りましたね。看板を見るだけで食べたくなる(笑)。

今回は、

  • トシさん&獣神サンダーライガーさんペア
  • タカさん&かたせ梨乃さんペア

に分かれて街中を散策します。

先週の放送では、タカさん&ライガーさんの絡みが面白かったですよね。

タカトシランド 東区役所周辺を散策!2019年2月1日分の感想 今日のタカトシランドは札幌市東区東区役所エリアです。 サッポロビール園やアリオくらいしか行ったことがありません。 今...

相方がトシさんに代わってどうなるか楽しみ!

それでは、感想をまとめていきます。

 

Sponsored Links




さつき市場

https://twitter.com/06njpw15destino/status/1093813514026668032

吹雪の中、街中を散策するトシさん&ライガーさんペア。

プロレス好きのトシさんが”北の聖地”「中島体育センター」の話を出していました。

以前、北斗晶さんが出た時も同じ話題をしてましたよねw

最初に見つけたのは『さつき市場』さん。

撮影交渉に成功し、入店するとお客様のご婦人に速攻でハグをされていました。

 

『さつき市場』さんは1966年開業なので、今年で53年目になる老舗の市場。

現在は精肉・鮮魚・青果の3店舗入っています。(ピーク時は9店舗)

小樽出身の私にとって、こういう市場は懐かしさがあります。

 

鮮魚店の方に話を聞くと、今は不漁で魚があまり獲れないみたいです。

タチが旬の季節でおいしそうでした。

ライガーさん曰く「モズクをめんつゆにつけて食べたらおいしい」らしいです。

トシさんも「飲んだ後の締めに良い」と共感してました。

 

紹介されたメニュー

■タチ(100g) 410円
■モズク(200g) 324円
■イカゲソ揚げ(100g) 270円

 

店名 さつき市場
住所 北海道札幌市豊平区中の島2条10-1-23
電話番号 011-812-3087
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 あり
アクセス 札幌駅から車で約20分/南平岸駅から車で約5分
地図 Googleマップはこちら

島のラーメン いちまく

タカさん&かたせさんペアが最初に訪れたのはラーメン屋『島のラーメン いちまく』さん。

閉店直前だったものの、運良く入れました。

店内はレコードや洋楽のジャケットが貼ってあり、昭和をほうふつとさせるイメージ。

店主さんに”なぜ島のラーメン?”と聞くと、「中の島だから」と予想外の回答でした(笑)。

てっきり、離島出身だったり、隠し味に島らっきょうを使っているのかな?など、深読みしてました。

ラーメンの種類が多いのも特徴。

  • 鶏がら
  • 豚骨
  • 羊骨

とスープの種類も豊富です。

味噌・塩・醤油だけでも迷うのに、今日は鶏がらにしようかな?でも豚骨も良いな?それとも羊??

って、羊ラーメンって!!!

珍しすぎでしょ!

くさみがどう出るんでしょうか?

 

タカさんは「元祖 ラムソバ 味噌」を、
かたせさんは「元祖 鶏節中華そば」をオーダー。

食べた感想は、

  • タカさん「おぅ、ラムですね。すんごいラム。おいしい!」
  • かたせさん「おいしい。優しい味。シンプルで良いなぁ。」

ラムソバは女性には塩・男性には味噌が人気のようです。

店主さんはジンギスカンが好きで、「羊骨をラーメンにしたら、どんな感じになるんだろう?」という探求心が生み出した一品です。

 

鶏節は徳島県産の阿波尾鶏のけずり節を使用しているようです。

阿波踊りならぬ、阿波尾鶏なんてあるんですね!

鶏節自体初めて聞きました。

 

『いちまく』さんは、結婚して十数年(籍を入れるまで16年のお付き合い)のおしどり夫婦が2人で切り盛りしています。

夫婦円満の秘訣は「毎朝のハグ」とのこと。

(明日からやってみようかなぁ。)

 

周辺のおすすめ店を店主さんに聞くと、並びに花屋さんがあり、カフェや雑貨も取り扱っているとのことでした。

お礼を言って店を後にしようとすると、店主さんが花屋さんまで案内してくれ、撮影交渉までやってました(笑)。

 

紹介されたメニュー

■元祖 ラムソバ 味噌 920円
■元祖 鶏節中華そば 770円

 

店名 いちまく
住所 北海道札幌市豊平区中の島1条1丁目2-14
電話番号 011-842-4520
営業時間 11:30~21:00 ※スープが無くなり次第閉店
定休日 月曜日
駐車場 なし(ななめ向かいにコインパーキングあり)
アクセス 札幌駅から車で約20分/中の島駅から徒歩約1分
地図 Googleマップはこちら

 

Sponsored Links




Cafe Chise minamina

トシさん&ライガーさんペアが次に向かったのは『Cafe Chise minamina』さん。

店内は雑貨なども置いており、かわいらしい雰囲気ですね。

女性スタッフさん3名で運営しているお店です。

店名「カフェ・チセ・ミナミナ」は、アイヌ語でチセは「家」、ミナミナは「笑顔」、お店に来る全ての人の家になるようなカフェにしたい、という意味が込められています。

 

店員さんだけでは手が回らないので、「クルミ割り職人さん募集」と称して、お客さんにクルミ割りをしてもらっています。

ボウル一杯分のクルミを割ると、「お茶とお菓子のセットを無料でサービス」してくれます。

常連さんになりやすい雰囲気づくりにも役立ってそう。

クルミ割り職人に挑戦するお二人。

店員さんから「素手ではどうやるんですか?」と無茶ぶりされるライガーさん(笑)。

ライガーさん「割れ目に親指を当てるだけ」と言いながら挑戦すると、見事に割れました!

自分でも驚いてました(笑)。

やっぱりライガーさんは面白いな~。

※今季のクルミ割り職人募集は終了。次回は10月中旬スタート予定

 

クルミを割り終わると、ちょうど料理が到着しました。

トシさん「ポテトミートグラタン」を、
ライガーさんは「焼きカレー」をオーダーしていたようです。

料理の感想は、

  • ライガーさん「おいしいおいしい。温まる。」
  • トシさん「うまい!北海道のじゃがいもはやっぱり良い!」

アツアツなようで、猫舌のお二人は食べるのに苦戦してました(笑)。

 

女子3人でお店を経営してるとケンカにならないんですか?と聞かれた店主さんは、

「ならないです。私が一人で威張ってるんで。」と言っていましたが、実際にはかなり仲良さそうでした。

 

最後に、クルミ割りの特典として「お茶セット」がでてきました。

この日は「ほうじ茶とくるみのお汁粉」です。(日替わりで変わる)

  • ライガーさん「クルミのザラザラ感が口の中に残るのが良い。」

と、中々わかりやすい食レポをするライガーさん。

トシさんは「小学生の頃、ライガーさんの食レポを見ると思わなかったなぁ。」と感慨深い様子のトシさん(笑)。

小学1年生の頃の写真が出てましたが、かわいいですね。

 

紹介されたメニュー

■ポテトミートグラタン 1,200円 ※2月末まで
(スープ・サラダ・ピクルス・パン・ドリンク付き)
■焼きカレー 1,200円
(スープ・サラダ・ピクルス・ドリンク付き)
■お茶セット(ほうじ茶/くるみのお汁粉) クルミ割り特典
※セット内容は日替わりです

 

店名 カフェ チセ ミナミナ
住所 北海道札幌市豊平区中の島2条7-2-7
電話番号 011-595-7799
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 あり(4台)
アクセス 札幌駅から車で約20分/南平岸駅から徒歩約12分
地図 Googleマップはこちら

FIL BLANC(花屋)

 

『いちまく』さんに紹介・撮影交渉をしてもらい、『FIL BLANC』さんに入店するタカさん・かたせさん。

『FIL BLANC』さんではお花だけでなく、カフェも楽しめます。

フラワーデザイナーの枠にとどまらず、道内で活躍する作家さんの作品や、自分でセレクトした家具も提供しています。

しかも、”店主が美しい”と近所のようです。

 

お二人とも「クロワッサンたい焼き」をオーダー。

クロワッサンたい焼きを知らないみたいだったけど、本州ではないのかな??

普通に銀だこで食べたことあるので、全国区だと思ってました。

味の感想は、

  • かたせさん「おいしい。ざらめがかかっている。」
  • タカさん「おいしい。全然たい焼きじゃない。パイ。」

 

かたせさんに合うフラワーをみつくろって欲しい。私からプレゼントしたい。とかっこつけるタカさん(笑)。

街ブラの最後に取りに来る約束をして、お店を後にしました。

 

『栗林製靴店』を訪問した後にお花を取りに行きました。

かたせさんの透明感からインスピレーションを受けた花束は、

  • トルコキキョウ
  • キキョウラン
  • アンスリウム
  • デンファレ
  • バラ

を使用しています。

私は花に詳しくないのですが、おしゃれで、かたせさんに似合っていました!

 

紹介されたメニュー

■クロワッサンたい焼き 432円
(サラダ・パンorライス・ドリンク付)
■ブーケ 4,104円

 

店名 FIL BLANC
住所 北海道札幌市豊平区中の島1条1丁目2-14
電話番号 011-598-8081
営業時間 11:00~18:00
定休日 日曜日・祝日(振替日を含む)
駐車場 なし(ななめ向かいにコインパーキングあり)
アクセス 札幌駅から車で約20分/中の島駅から徒歩約1分
地図 Googleマップはこちら

 

Sponsored Links




お菓子クラブ Saki

トシさん&ライガーさんは『カフェ・チセ・ミナミナ』さんに紹介された、ケーキ屋『Saki』さんに向かいました。

撮影交渉を行うライガーさん。

レジで買い物しているお客さんが「16円足りない」と困っていたので、自分の財布を取りにいって払ってあげるライガーさんが男前すぎました。

 

『Saki』さんは、30種類ほどのケーキ・パイ・焼き菓子を提供しています。

おすすめの「がんこシュー」と「プリン」を購入。

ライガーさんはプリンが大好きのようです。

 

がんこシューは「注文後にカスタードクリームを入れる」こだわりよう。

  • トシさん「うまい!過去に食べたサクサク系のシュークリームで”一番うまい”!」

そこまで絶賛されるとメチャクチャ気になるじゃないですか!!!

 

【プリンの感想】

  • ライガーさん「しっとり。なめらか。舌の上でとろける。香りが後からフワ―っと。うまぁぁい!」

またまた、食レポの達者さをいじるトシさん(笑)。

ライガーさん、結構食レポうまいですよね!

 

紹介されたメニュー

■がんこシュー 162円
■プリン 259円

 

店名 お菓子クラブ Saki
住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
電話番号 011-211-8248
営業時間 10:00~19:30
定休日 火曜日・水曜日(祝日の場合は通常営業)
駐車場 あり(3台)
アクセス 札幌駅から車で約20分/南平岸駅から徒歩約15分
地図 Googleマップはこちら

栗林製靴店

タカさん&かたせさんが次に向かったのは『栗林製靴店』さん。

ダンスシューズ専門のようです。

撮影交渉はタカさんが担当。先週もトシさんがやる場面もありましたよね。

かたせさんに気を遣ってるのかな?

入店するとかたせさんが、店員さんに「すご~い。キレ~イ。」と絶賛されてました。

 

『栗林製靴店』さんは札幌で唯一のダンスシューズメーカーです。

愛好家に絶大な支持を得ている名店。レンタル衣装なども取り扱っています。

 

お店にある一番高いドレスのお値段は、なんと”475,200円”。

たかーい!!

シューズは好きな色などを組み合わせるオーダーメイドも可能なようです。

お値段も1万円台で買えるみたいで、こちらは思っていたより安い。

 

職人さんが作っている工場に潜入するお二人。

45年、靴を作り続けている職人さんが作っているので、品質は間違いないですね。

社交ダンスの現役全日本チャンプの靴を作るなど、業界では超有名店で、本州からもお客さんが来るようです。

 

店名 栗林製靴店
住所 北海道札幌市豊平区平岸1条2丁目5-10
電話番号 011-823-7722
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
駐車場 あり
アクセス 札幌駅から車で約20分/中の島駅から徒歩約5分
地図 Googleマップはこちら

焼肉あおき

トシさん&ライガーさんが最後に向かったのは『焼肉あおき』さん。

トシさんが北海道にいる頃によく行っていたお店なようです。

メッチャ気になる!

トシさんは必ず「塩ホルモン」を食べていたらしく、奥さんも大好きなようです。

 

塩ホルモンはコショウがたっぷりかかっていますが、お皿に塩コショウを盛り、つけて食べるのがおすすめみたいです。

こんなん絶対うまいやん。

 

タカさん・かたせさんも合流しました。

着いて早々、タカさんが「じゃあ俺ライガーの横座るわ。」とボケ、

トシさんが「なんでお前同期みたいな喋り方なんだ!」と突っ込んでいるのが面白かった!(笑)

やっぱり、タカトシはコンビの息がぴったりですね。

 

気になる上ホルモンの感想は、

  • トシさん「懐かしい!これだ!!」

と、昇天していました。

塩コショウは店主さんが調合しているみたいです。

行ってみたいなぁ!!

 

紹介されたメニュー

■上ホルモン/塩 400円
■塩ラーメン 600円

 

店名 焼肉 あおき
住所 北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目1-1
電話番号 011-821-9225
営業時間 11:00~24:00
定休日 月曜日
駐車場 なし
アクセス 札幌駅から車で約20分/中の島駅から徒歩約5分
地図 Googleマップはこちら

 

まとめ

中の島エリアを街ブラした今回は、

  1. さつき市場
  2. 島のラーメン いちまく
  3. Cafe Chise minamina
  4. FIL BLANC(花屋)
  5. お菓子クラブ Saki
  6. 栗林製靴店
  7. 焼肉おあき

に訪問。

個人的には『お菓子クラブSaki』さんの「がんこシュー」が気になりました。

「トシさん史上No.1のサクサクシュークリーム」と聞いたら食べたくなっちゃいますよね。

やっぱりライガーさんは面白かった。

それでは、また次回の放送後にお会いしましょう!

 

【放送を見逃した方】

FODプレミアム(フジテレビの公式動画見放題サイト)で期間限定無料で見れます。

タカトシランド以外にも、「ゴールデンカムイ」や「人志松本のすべらない話」等、5,000本以上のタイトルがあります。

初月無料なので、お試しで登録するのも良いかも!



 

Sponsored Links
ABOUT ME
ttori
札幌在住の31歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!