タカトシランドの感想

タカトシランド 手稲富岡周辺を散策!2019年2月15日分の感想

Sponsored Links

 

今日のタカトシランドは札幌市手稲区富岡エリアです。

今回は、

  • トシさん&西岡徳馬さんペア
  • タカさん&井上和香さんペア

に分かれて街中を散策します。

手稲は何度か行ったことがありますが、「富岡エリア」は聞き馴染みがなく、私にとって未知数です。

稲積公園駅も利用したことがないですしね。

そういった意味でも、新たな出会いがありそう!

それでは、感想をまとめていきます。

 

Sponsored Links




中華屋台 加匠

トシさん&西岡徳馬さんペアは、街で出会った方におすすめを聞きます。

その方は、「マッサージとお味噌のお店」をやっており、自分の店の隣に飲食店があると紹介してくれました。

歩いて400m程ということで、先導したついでに、西岡さんから撮影交渉をお願いされました。

一般の方に要求しすぎ(笑)。

 

紹介してくれたのは2001年創業の『中華屋台 加匠』さん。

大将が急死したことにより、現在は二代目の息子さん(25歳)が店を継いでおり、「おいしい料理がお腹いっぱい食べられる」と近所で評判のようです。

二代目は、残されたスープをなめ、味を確かめたようです。(すごい!)

 

料理を待つ間に俳優歴48年の西岡さんが「自身の尊敬する名俳優・勝新太郎さん」とのエピソードを紹介してくれました。

  • 役者としての頭がいい
  • でも、ムチャクチャ
  • 「明日、座頭市出ろ」って急な無茶ブリがあった
  • 飲んだ席で勢いで言っただけで、実際には出演できなかった

昔の俳優って感じの話ですね!

 

そうこうしてたら料理が到着。

確かに丼が大きい!

力仕事をしているお客さんが多く、どんどん量が多くなっていったそうです。

西岡徳馬さんは「担々麺」を、トシさんは「マーボーかけご飯」をオーダーしていました。

【料理の感想】

  • 西岡さん「おいしい。俺の好きな麺だ。家庭的な味。」
  • トシさん「おいしい。けど、この量はすごいな(笑)。」

西岡さんが気に入っていた麺は、札幌ラーメン定番の「中太ちぢれ麺」でした。

ちぢれ麺、最高だよね!

 

紹介されたメニュー

■担々麺 850円
■マーボーかけご飯 850円

 

店名 中華屋台 加匠
住所 北海道札幌市手稲区富岡1条5-2-14
電話番号 011-686-9870
営業時間 11:30~14:00/17:00~20:00
定休日 火曜日
駐車場 あり(店舗横4台・近隣3台)
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から徒歩約6分
地図 Googleマップはこちら

お好み焼き もんじゃ焼き 麦

タカさん&和香さんペアも通行人の方におすすめのお店を聞き、アルトリアさんへ向かいます。

和香さんが撮影交渉しましたが、満席の為NG。

隣にあった『お好み焼き もんじゃ焼き 麦(ばく)』さんでは無事に撮影OKをもらった和香さんは安堵の表情を浮かべます。

お母さんおすすめは「スペシャルBもんじゃ」を注文しました。

明らかな豚肉を見て「すごいボリューム、ベーコン!」と勘違いする和香さん(笑)。

「これを見てベーコンって!」と突っ込まれます。

 

お母さんが手際よく、もんじゃ焼きを作ってくれます。

メッチャおいしそう!!!

味の感想は、

  • タカさん「うまい。お餅が入っててうまい。野菜・肉・チーズが全部北海道の素材だからうまい。今まで食ったもんじゃで一番うまい!もう東京でもんじゃ食えないわ!
  • 和香さん「おいしい。具だくさんなのがすごい。」

タカさんの絶賛っぷりが半端ない!!ここまで言われると、気になるね。

 

続いては「お好み焼き(ザンギ玉)」が到着。

ザンギ玉って初めて聞いた!

  • 和香さん「うーん、やわらかい。おいしい。キャベツの香りがすごい!東京で食べるキャベツと違う。」
  • タカさん「ふわふわ。キャベツも甘くておいしい。ザンギも固くなく合っている。」

キャベツは寒玉なので、甘くておいしいみたいです。

この店は行ってみたい!

 

紹介されたメニュー

■スペシャルBもんじゃ 1,150円
■お好み焼き(ザンギ玉) 800円

 

店名 お好み焼き もんじゃ焼き 麦
住所 北海道札幌市手稲区富岡3条7-1-68
電話番号 011-694-1616
営業時間 17:30~23:00(土日は11:30から通し営業)
定休日 月曜日
駐車場 あり(共有12台)
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から徒歩約13分
クーポン ホットペッパーにあり(ホットペッパーから予約も可能)
地図 Googleマップはこちら

 

Sponsored Links




古布と布の手仕事 浪漫屋

トシさん&西岡さんは「寿司屋で2~3貫つまもう」ということで、歩いていたところ、気になるお店を発見。

その名も『古布と布の手仕事 浪漫屋(ろうまんや)』さんです。

撮影交渉はトシさんが行います。(タカトシランドは、大物には気を遣いがち。)

無事に交渉成功し入店すると、店主さんが西岡さんのファンだったようで、テンションが上がってました。

 

『浪漫屋』さんは古い布・着物・ボタンなど手芸雑貨を取り揃えています。

店の奥には”明治時代”の着物が置いてあります。

月に数回、手芸教室もやっているようで、好きな方にはタマラナイお店ですね!

 

店名 古布と布の手仕事 浪漫屋
住所 北海道札幌市手稲区富岡2条4-18-8
電話番号 011-681-6088
営業時間 11:00~16:00
定休日 月曜日・火曜日
駐車場 あり(2台)
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から徒歩約8分
地図 Googleマップはこちら

北のおとうふ 豆太 工場直売所

タカさん・和香さんは『麦』さんから教えてもらった『北のおとうふ 豆太 工場直売所』さんへ向かいます。

道中、タカさんが急に「今気づいたけど、若貴だ(和香さん・タカさん)」と言い始め、貴乃花さんのモノマネをしたりと面白かった(笑)。

『豆太』さんは、素材にこだわった豆腐を提供しています。

  • 道南大豆
  • 伊豆大島産の天然にがり
  • 手稲山の伏流水

 

スーパーやデパートで大人気なので、食べたことがある方も多いでしょう。

豆太さんの豆腐は”塩”で食べるのがおすすめとのことです。

塩で食べるのは聞いたことがなかった!

【特上木綿とうふの感想】

  • タカさん「濃い。豆の味がすごい。豆太だ!豆の味が爆風で広がる!」
  • 和香さん「口に入れた瞬間、ワーって広がる。木綿の硬さがちょうど良い。」

 

和香さんが「おからドーナツ」を食べたいとのことで、試食させてもらいます。

こちら、工場直売所限定商品らしいです。

【おからドーナツの感想】

  • 和香さん「優しい味。子供に食べさせたい。このお店近所にほしい。」

え?井上和香さんて子供いるの?てか、結婚してたの??状態の私。

調べてみると、2012年に結婚しており、2015年には第一子が誕生していました。

全然知らなかった!

先程の「豚肉とベーコン見間違う事件」がより心配になりました(笑)。

 

紹介されたメニュー

■特上木綿とうふ 540円
■おからドーナツ(プレーン) 108円

 

店名 北のおとうふ 豆太 工場直売所
住所 北海道札幌市手稲区富岡2条5-9-30
電話番号 011-691-8318
営業時間 10:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日(祝日は営業)
駐車場 あり
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から徒歩約8分
地図 Googleマップはこちら

 

Sponsored Links




鮨の富よし

トシさん&西岡さんは予定どおり『鮨の富よし』さんに向かいました。

『浪漫屋』さん情報では「ランチが安くておいしい」との評判です。

『富よし』さんは、六本木・すすきので修業を積んだ大将が1980年に開業したお寿司屋さんです。

西岡さんは大好物の「かずのこ」を、トシさんは「ホッキ」をいただきます。

  • 西岡さん「いいねー。おいしい。」
  • トシさん「うまい。いいですね。」

2人とも意外と感想が淡泊(笑)。

やっぱりテレビでは、大袈裟にほめるくらいがちょうど良いのかも。

 

紹介されたメニュー

■かずのこ(1貫) 270円
■ホッキ(1貫) 324円

 

店名 鮨の富よし
住所 北海道札幌市手稲区富岡2条4-18-15
電話番号 011-683-7131
営業時間 11:30~21:30
定休日 水曜日
駐車場 要問合せ
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から徒歩約7分
地図 Googleマップはこちら

玄米ごはん・カフェ・じょじょ

タカさん&和香さんが街を歩いていると『玄米ごはん・カフェ・じょじょ』と気になる看板を発見。

雪が積もった坂を歩きながら向かいます。

北海道外の方が冬の坂道を歩くのは大変ですよね。

またもや和香さんが撮影交渉へ行くと「15時までの営業なんで」と門前払いされます。

(どうやらテレビの撮影ってことすら伝わらなかった模様)

タカさんが代わりに交渉行くと無事に成功しました。(素敵なお店ですねと媚を売ってました(笑)。)

 

『玄米ごはん・カフェ・じょじょ』さんは1994年にオープン。

「健康的で穏やかに生きる」をコンセプトにしたお店で、玄米ごはんに雑穀料理・野菜中心のメニューが大人気です。

ごはんセットは、主婦やサラリーマンに大人気で、いつも店内は混みあっているようです。

 

和香さんは「穀物コーヒー」を、タカさんは「自家製ごぼう茶」をオーダー。

  • タカさん「ごぼうの香りだ。(飲んで)ああ、ごぼうだ。本当ごぼう。」
  • 和香さん「おいしい、香ばしさがあるんですけど、お茶みたい。ほっとする」

「ほっとする」と言いながら飲んでる時の、和香さんの表情がセクシーでした。

 

紹介されたメニュー

■穀物コーヒー 400円
■自家製ごぼう茶 480円

 

店名 玄米ごはん・カフェ・じょじょ
住所 北海道札幌市手稲区富岡5条4-18-6
電話番号 011-684-1040
営業時間 11:00~17:00 ※第3土曜は15時まで
定休日 月曜日
駐車場 あり(店舗裏2台)
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から車で約5分
地図 Googleマップはこちら

CREPE & EGGWAFFLE METHI

トシさん&西岡さんが最後に向かったのは『CREPE & EGGWAFFLE METHI(クレープ&エッグワッフル メティ)』さん。

西岡さんが「かわいい店だね。ちょっと行ってみようか」と意外な反応をしてました。甘い物すきなのかな?

このお店、私も気になってました!

5号線のスーパービバホームの近くにあり、通るたびに「行ってみたい」と思ってたので、どんなお店かワクワク。

 

『メティ』さんは札幌市内では珍しい”エッグワッフル”を食べられるお店。

エッグワッフルはたこ焼き機のようなマシーンで焼いています。

西岡さんは「エッグワッフル(あんこ白玉・ソフト)」を、
トシさんは「エッグワッフル(バナナ・アイス)」をオーダー。

  • 西岡さん「おいしいじゃん。」
  • トシさん「表面サクサク、中モチモチ。」

エッグワッフルはグルテンフリー(小麦粉未使用)で中は空洞になっています。

 

食べてる途中にタカさん&和香さんが合流。

歩きながら西岡さんを何て呼ぶか相談し、「トマ」さんに決定しました。

タカさんがすぐに「トマさん何食べてるんですか?」と仕掛け、

和香さんも「お久しぶりです、トマさん。」と攻めたところ、その違和感にトシさんが気づき突っ込んでました。

この流れが今日一で面白かった(笑)。

 

紹介されたメニュー

■エッグワッフル(あんこ白玉・ソフト) 630円
■エッグワッフル(バナナ・アイス) 630円

 

店名 CREPE & EGGWAFFLE METHI
住所 北海道札幌市手稲区富岡3条1-7-22
電話番号 011-684-5022
営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜日
駐車場 あり(店舗前3台・店舗裏2台)
アクセス 札幌駅から車で約30分/稲積公園駅から車で約5分
地図 Googleマップはこちら

 

まとめ

手稲区富岡エリアを街ブラした今回は、

  1. 中華屋台 加匠
  2. お好み焼き もんじゃ焼き 麦
  3. 古布と布の手仕事 浪漫屋
  4. 北のおとうふ 豆太 工場直売所
  5. 鮨の富よし
  6. 玄米ごはん・カフェ・じょじょ
  7. CREPE & EGGWAFFLE METHI

に訪問。

個人的には『お好み焼き もんじゃ焼き 麦』さんが気になりました。

もんじゃ自体好きですし、タカさんの絶賛ぶりが期待をそそりました。

あとは”エッグワッフル”も気になりますね~。

手稲に行く機会はあまり無いですが、数少ないチャンスで行ってみようと思います。

 

【放送を見逃した方・過去の放送を見たい方】

FODプレミアム(フジテレビの公式動画見放題サイト)で期間限定無料で見れます。

タカトシランド以外にも、「ゴールデンカムイ」や「人志松本のすべらない話」等、5,000本以上のタイトルがあります。

初月無料なので、お試しで登録するのも良いかも!



 

Sponsored Links
ABOUT ME
ットリ
ットリ
札幌在住の32歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA