その他

たまごかけご飯のおいしい食べ方!プロのおすすめを実践してみた

スポンサーリンク

私の得意料理は”たまごかけご飯”である―――。

「たまごかけご飯」が料理なのかは専門家によっても意見が割れるようだ。

私は無論、料理だと思っている。

何なら、

  1. たまご
  2. 調味料

の3つしか使わないのに、各自の独創性が出るという意味ではたまごかけご飯こそが”究極の料理”ではないだろうか。

先日、「タカトシランド」というテレビ番組で”オムライス専門店”の店主が「たまごかけご飯の作り方」を紹介していた。

実際に試してみたところ、ガチでうまかったので皆さんに紹介しよう!

オムライス専門店「ご飯屋 桃桃」とは

今回紹介する、たまごかけご飯レシピは札幌のオムライス専門店「ご飯屋 桃桃(とうとう)」さんのレシピだ。

こちらは2018年12月7日放送の「タカトシランド」でタカさん・アンミカさんが訪れたお店。

放送レビューはコチラ

桃桃さんはオムライス専門店であるが、たまごかけご飯も提供している。

プロが教える、たまごかけご飯はおいしいに決まっている。

桃桃式たまごかけご飯のレシピ

桃桃式たまごかけご飯のレシピ

①たまごを溶く
②しょうゆを”ごはん”にかける(量はいつもたまごにかける時と一緒)
③ごはんとしょうゆを軽混ぜる
④たまごを投入し、混ぜる

通常のたまごかけご飯と違うのは「しょうゆを”ごはん”にかける」のみだ。

  • メッチャ簡単じゃん!ラッキー♪
  • これだけで本当に変わるのか??

と相反する気持ちが共存したまま、実際に作ってみた。

桃桃式たまごかけご飯を作ってみた

百聞は一見に如かず、ということで実際に作ってみた。

使ったものはコレだけだ。

①たまごを溶く

特筆すべきことはない。ただ普通にたまごを溶くだけだ。

溶き具合もいつもどおり(お好み)でOK。

②しょうゆを”ごはん”にかける

ここだけが通常の作り方と異なる本レシピの重要ポイントだ。

しょうゆをかける量も普段どおり(お好み)で良い。

ただ、いつもと異なる”ごはん”にかける環境下では、いつもたまごにかける量がわからなくなってしまう。

薄かったら後で足せば良いので、気持ち少なめにしよう。

③ごはんとしょうゆを軽く混ぜる

難しいことは何もない。無心で混ぜて欲しい。

④たまごを投入し、混ぜる

ごはんを軽く混ぜたらたまごを投入しよう。

後は混ぜるだけで完成!

非常に簡単である。が、こんなので変わるのか??という不安を残したまま混ぜてみた。

完成!!

しょうゆを”ごはん”にかけただけだが、圧倒的にたまごと米が混ざり合っているではないか!

写真のとおりメレンゲ状になった。

不安・猜疑心からワクワクへ180°気持ちが変わった。

食べた感想

『う、うまい!!』が私の第一声。

通常のたまごかけご飯と比べて、たまごとご飯の密着具合が段違いだ。

「桃桃式たまごかけご飯」でご飯が3杯くらいいけそう!

かつお節やのり等のオプションも試してみたい。

私の中でたまごかけご飯の可能性が広がった。

まとめ

「しょうゆを”ごはん”にかける」

ただこれだけで、全然違うことがわかった。
やはりプロは凄い!

今回で私は、たまごかけご飯の奥深さを体感した。

これからもおすすめの食べ方を追求していく。

“たまごかけご飯は究極の料理”である。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ttori
札幌在住の31歳。グルメとドライブが趣味なので、北海道中の"おいしいお店"や"絶景スポット"に行くのが生きがい。 北海道の良さを広められるよう、頑張ります!